自由研究?

今日も強烈に暑かったですね。アトピーが治りきっていない僕には辛い暑さでした。暑さでかゆみが増してしまう。

なので度々自室に戻って冷房でクールダウンしていました。

さて突然なんですが、夏休みの自由研究をしようと思います。いや、夏休みなんかありませんが。何を研究するのかというと…、バイクなネタなんですが。

2〜3か月ほど乗らずに眠らせていたMDをペイントしてみよう! という研究。マニアな方はご存知だと思いますがMDとは、ずばり郵便屋専用のカブです。市販されてません。その業務の為だけに製造されたため赤いカラーリングです。ある意味で企業の制服の一部です。会社のマークさえ消しておけばそのままのカラーリングでも法律に抵触しませんが、自家用で乗るにはなんか気まずいです。「あいつ仕事サボってる」とか誤解を招くかもしれません。

なので、入手した頃からそうだったんですが塗り替えたいと思っていたのです。が、全塗装するというのはハードルが高いと思う。ということでサイドカバーやらキャリアやら部分的に塗り替えてました。

で、今年になってから僕自身も仕事の兼ね合いでプライベートでバイクに乗るシーンが減りましたし、この車両自体もバッテリーが交換時期でありしばらく乗らない期間が続く見込みであることから、せっかくなら乗らない間にやってみたかったことを実現できたら…と思い立ったわけです。

自分ですべて出来るか全く未知数ですが、すぐに復活させなきゃいけないわけでもないので、急がず焦らず時間をかけてDIY感覚でやってみようと思います。

今日はとりあえずここまで分解してみました。レッグシールドとサイドカバーは昨日のうちに取り外して、バッテリー、バッテリーボックスとマフラー、エアインジェクション、キャブレター、エアクリーナーボックス、さらにワイヤリングハーネスの接続を外せるだけ外して(ハーネス自体はまだ車体に載った状態)、ヘッドライトとメーター、フロントキャリアまで取り外しが完了しました。

マフラーですが、排気漏れするような穴は空いてませんでしたが錆び錆びでした。配達業務で使われてたのでコーナリング(というかUターン)で擦ったであろう傷もありました。

マフラーの取付ナットとスタッドボルトが案の定、熱と錆びで固着していました。

排ガス規制をクリアするためにエアインジェクションが装備されていて吸気系が複雑でした。エアクリーナーも2つ付いてます。珍しいと思います。

ワイヤリングハーネスはほとんどカプラー接続されていて復元に困る心配は少なそうです。

次はエンジンを下ろしたいのですが、重たそうです。ジャッキ噛ませたら下ろせるかしら?

その前にドライブチェーンを外す必要があります。これはもちろん一人でできる。

エンジンまで下ろせたらタンクの燃料を抜き取って、タンク外してフロント周りも取り外せそうです。

前輪を取り外したらセンタースタンドと後輪で自立させることになり、センタースタンドは一番最後に取り外すことになりそうです。

自立できる状態のうちに外から見える部分についてはある程度塗装のための足付けとかやっておきたいですね。

偉そうに書いてますが全くの素人です(笑)

塗装が簡単ではないことは重々承知しています。どうか生暖かい目でお願いします(^^;

季節柄暑くて無理できないので、作業するのも早朝か夕方限定ですね。

塗装本番になったら気象条件、体調と相談しながら日中でもやろうと思いますが。

アドバイスあればお教えいただけると幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)